スタッフブログ

MRスズ2016年11月16日

みんなの家’77の音楽療法では、さまざまな楽器を使用しますが、その中から今回は赤星会長が考案し、療育音楽用につくられた楽器のひとつ「MRスズ」をご紹介します。

スズは障害の程度に関係なく高齢者、障害児者が少し動くだけで演奏することができます。

もち手には凸凹がついており、持つだけでも手のひらを刺激し、滑りにくい構造となっています。

一般的なスズよりも大きく、難聴者にも聞き取りやすいよう、音も低くつくられています。

右手にオレンジ、左手に緑をもち前で振るだけでなく、上肢を大きく上げたり、舞わしたりなど、いろいろな動作をつけて演奏することにより、身体動作を促すこと等に役立っています。

 

img_2516

公益財団法人
東京ミュージック・ボランティア協会

〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-19-8(本部)TEL 042-343-2596 FAX 042-343-5785
〒187-0001 東京都小平市大沼町6-7-25(みんなの家’77)

tmva@kb3.so-net.ne.jpお問い合わせ