スタッフブログ

東京で楽しく心身の健康を目指す音楽療法2016年04月04日

心身に障害があるお子さんが、心から楽しいと思える環境で生活する事はとても大切です。それに音楽を通して触れる事が出来れば心からの喜びに繋がって行くと思いませんか。

音楽療法を通して五感を育て表現力を養う
音楽療法とは音楽の特性を使い、その人が持つ病気や障害、問題行動などを良い方向に変化させて行く方法です。
東京にある放課後等デイサービスでは、生徒の障害のある小学生から高校生までの就学児童や生徒を対象にした音楽療法中心のプログラムを行っています。
音楽療法を通じて心身障がい児者の精神的なストレスを解消しながら、安らぎと明るさを増やしつつ心の安定を図ります。
またそれを通して集団で歌ったり、楽器を演奏する事で五感を刺激し、コミュニケーション作りにも役立たせて行きます。
歌を歌う際に発声や複式呼吸、発音訓練が出来ますし、楽器を演奏すると残存している機能の維持や強化にも繋がり、リズムトレーニングをする事自体がリハビリテーションにもなります。
放課後等デイサービスで演奏やダンス、バンド活動をする事で表現力と仲間意識も育てて行けます。

東京にある放課後等デイサービスでは、音楽療法を通じて心と身体で音楽を楽しむ環境を提供しています。また子供達が自信を持って社会の中で自分らしく生活が出来る力を育てて行ける様なプログラムを開催しています。

公益財団法人
東京ミュージック・ボランティア協会

〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-19-8(本部)TEL 042-343-2596 FAX 042-343-5785
〒187-0001 東京都小平市大沼町6-7-25(みんなの家’77)

tmva@kb3.so-net.ne.jpお問い合わせ