スタッフブログ

音楽療法が東京で可能です2016年04月17日

認知症の予防やリハビリで音楽療法が活用されることがあります。音楽を楽しむことで心や体をリラックスさせて健康の回復、向上を促すことが期待できます。音楽療法が可能なところが東京にもあります。

心身ともにリラックスできる方法
音楽療法は、音楽を楽しんで心身をリラックスさせて健康の回復や向上を促すことが期待できる療法で、認知症のケアにも活用することができる療法です。
音楽療法は、戦後に精神疾患系統の治療などに心理療法として欧米で発達しました。医学的バックボーンがある療育音楽は、手と脳を有効に使って脳を活性化し、大きな声で歌うため呼吸機能を強化してリズム感を養成し健康的な生活をおくれるようにしていきます。
東京で療育音楽教室があり、基本クラスのプログラムは、導入で指先を使いながら季節の歌を歌い脳の活性化をし、音階練習の基礎練習、様々な楽器を使う合奏、オリジナルの呼吸法で発声をして心肺機能の維持や強化を図り、ダンスなどでリズムトレーニングをして、最後は簡単なストレッチや体操で終わりです。

東京でも音楽療法が可能です。音楽を楽しみ歌を歌うことで心身ともにリラックすることができ、認知症の予防にもなり、障害を持っていても参加することができるデイサービスや療育音楽教室などがあります。

公益財団法人
東京ミュージック・ボランティア協会

〒187-0001 東京都小平市大沼町6-7-25(本部 みんなの家'77)TEL 042-343-2596 FAX 042-343-5785
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-19-8(新宿スタジオ)

tmva@kb3.so-net.ne.jpお問い合わせ