スタッフブログ

心身障がい者をサポートする東京の音楽療法2016年04月30日

心身障がいがある人は、体や心の不自由さがありますが、音楽療法を受けることにより、気持ちが軽くなったり、身体機能の維持や向上をサポートしたりする効果を実感する人が多く、話題になっています。

気持ちが前向きになると話題の音楽療法
楽器を演奏したり、音楽のリズムに合わせて歌ったり、踊りを楽しんだりすることで、気持ちが明るく前向きになる効果や気持ちを安定させる効果、身体機能のリハビリテーションなど、たくさんの効果を期待することができる音楽療法が話題になっています。
音楽を好きな人は多く、重度の障がい児などでも、音楽療法を受けることで笑顔が増え、活発になったり、精神疾患がある人の気持ちを安定させたりする効果があると言われており、楽しむことでセラピーやリハビリテーションになり、健康的な生活をサポートすることができると受ける人が増えてきており、人気があります。
楽しく、前向きになることができるため、また受けたくなる積極的な気持ちが芽生えたりする人も多く、音楽の持つ力が、心身の健康をサポートしてくれる東京の音楽療法が注目されています。

心身障がいがある人が、楽しく音楽を利用したセラピーやリハビリテーションを受けることで、気持ちが明るく前向きになったり、体の機能の向上や残存機能の維持につながるのでおすすめです。

公益財団法人
東京ミュージック・ボランティア協会

〒187-0001 東京都小平市大沼町6-7-25(本部 みんなの家'77)TEL 042-343-2596 FAX 042-343-5785
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-19-8(新宿スタジオ)

tmva@kb3.so-net.ne.jpお問い合わせ