スタッフブログ

東京で音楽療法士になるためには2016年05月10日

現代社会では、様々な要因でストレスを感じることがありますが、限度を超えてしまうと心身ともに疲れきってしまい、適応障害などの病気を引き起こしてしまうことも少なくありません。こういった病気を完治させる方法として、音楽療法が注目されており、東京には音楽療法資格を取得するための専門学校もあります。

音楽療法士になるためには
音楽は人の心に響いて、気持ちをリラックスさせたり、楽しくさせる効果があります。また、音楽を演奏したり歌うことは、さらに心に達成感をもたらせてくれますので、精神疾患など、心のケアが必要な病気の治療に効果があるとされていました。
こういった効果をたくさんの大学などで研究、検証した結果、医学療法としてまとめたものが音楽療法です。その効果は、多くの公的機関でも認められており、奈良、岐阜、兵庫の各県では、県が認定する資格があるほどです。また、その効果は、子供や成人だけでなく、高齢者の認知症にも効果が認められており、今後、ますます研究が進むと考えられており、需要の拡大が予想されます。
しかしながら、誰もがこの療法を用いることができるものではありませんから、有資格者の増加が課題となっています。

音楽療法士資格を取得するためには、音楽に対する知識はもちろんのこと、医学、福祉、心理学、教育など様々な分野に精通している必要があります。国家資格はありませんが、民間の資格である、日本音楽療法学会が認定している音楽療法士資格を取得する必要があります。

公益財団法人
東京ミュージック・ボランティア協会

〒187-0001 東京都小平市大沼町6-7-25(本部 みんなの家'77)TEL 042-343-2596 FAX 042-343-5785
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-19-8(新宿スタジオ)

tmva@kb3.so-net.ne.jpお問い合わせ