スタッフブログ

東京で始める、音楽療法のボランティア2016年05月21日

音楽療法が世間に浸透した現在、福祉施設や病院、学校等、様々な場所でセッションが行われています。主にグループセッションが行われている場合が多いのですが、その場合、セラピスト側も数名のアシスタントがいるとスムーズにセッションが進みます。ボランティアの方々にお手伝いしてもらう時も少なくありません。

ボランティアから始めて、その先を目指して
音楽療法に興味はあるのだが、実際にどういう事をしているのか分からないので現場を知りたい、という場合は、まずボランティアスタッフとして参加する方法があります。
インターネットで調べると、音楽療法のボランティアは実際にあちこちで募集があります。それに応募するのも一つの方法ですが、当団体の研修会で基礎を学んでから現場に出るのはいかがでしょうか。
何も知らずに現場に出るのと、基礎を知ってから現場に出るのでは、全く見え方が違ってくることでしょう。表面的にはただの音楽遊びをしているだけに見えても、実は深い意味を持っている活動だと分かれば、有意義で充実した時間を過ごせると思います。
そして、更にもっと深く音楽療法と関わりたいと思った方には、更に先の研修”専門講座”を受講し、試験に受かるとセッションリーダーとして活躍する道も開けているのです。
せっかくの貴重な機会、ただ漠然と参加するのではなく、セッション内容をしっかりと理解した上で音楽療法のお手伝いをしてみませんか。

当協会では、東京で基礎講座・専門講座の研修会を開いております。学んだ後はその知識をすぐに使える環境にある当協会で、あなたも一歩上を目指すボランティアに挑戦してみませんか。

公益財団法人
東京ミュージック・ボランティア協会

〒187-0001 東京都小平市大沼町6-7-25(本部 みんなの家'77)TEL 042-343-2596 FAX 042-343-5785
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-19-8(新宿スタジオ)

tmva@kb3.so-net.ne.jpお問い合わせ