スタッフブログ

東京で音楽療法を学ぶには2016年05月27日

音楽療法は身体や精神上の障害を持つ人に対して、音楽の持っている力を活かしたリハビリテーションを行い、障害の回復や生活の質を向上させます。音楽療法士資格を取得するには幾つかの条件を満たす必要があります。

東京で活かせる仕事の音楽療法士
音楽療法士資格を取得するには、学校法人格を有する専門学校(2年以上)・高等専門学校・短大・大学などいずれかの修了証を持っていることが必要です。さらに5年以上の臨床経験を持ち、そのなかには音楽を使用した臨床経験が2年含まれていることです。また音楽療法士資格を取る場合、必修講習を受講して、講習中に実地される音楽試験(ピアノの実技と音楽理論)を受験します。音楽療法分野の医学・心理・福祉・教育で18単位を取得して、学会への参加など200ポイント取得していることが必要となります。その後実施される筆記試験に合格したら、年に1度開催される「学会認定音楽療法士資格審査」に合格することで音楽療法士の資格を取得することとなります。これは公的資格ではなく、民間の資格となります。

音楽療法を学ぶには、東京などでも音楽療法士資格になるための、高い知識や経験を教える専門学校があります。この資格に必要な資質は、音楽と人が好きであることとでしょう。

公益財団法人
東京ミュージック・ボランティア協会

〒187-0001 東京都小平市大沼町6-7-25(本部 みんなの家'77)TEL 042-343-2596 FAX 042-343-5785
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-19-8(新宿スタジオ)

tmva@kb3.so-net.ne.jpお問い合わせ