スタッフブログ

リハビリテーションができる東京の音楽療法2016年05月30日

認知症の人や心身障がい者の人、精神疾患がある人などの間で注目されている音楽療法は、音楽が持つ心理的効果や生理的効果が期待できるため、楽しくリハビリテーションをすることができます。

音楽療法の役割と効果
音楽療法は、音楽が持つ生理的、心理的な働きかけをすることで、心身の障害の回復や機能の維持や改善、生活の質の向上などが期待できるセラピーとして多くの人が効果を実感しているリハビリテーションの方法です。
音楽を聴いてリラックスしたり、気持ちが明るくなったりすることを経験したことがある人が多いと思いますが、音楽を聴くだけでなく、楽器を演奏したり、曲に合わせて歌や踊りを楽しんだりすることで、気持ちの安定や身体機能の維持向上につながる役割があり、リハビリテーションに活用したのが音楽療法です。
認知症の高齢者や心身に障がいがある人、精神疾患の人など多くの人が活用しており、効果を実感しているため、東京で大変盛んになってきています。病気の人や終末期の人の心のリハビリテーションにも活用されている注目のセラピーです。

体や心の不調を感じている人や明るく健康的な生活を望んでいる人が、楽しくリハビリテーションをすることができる東京の音楽療法は、効果を実感する人が多くおすすめのセラピーです。

公益財団法人
東京ミュージック・ボランティア協会

〒187-0001 東京都小平市大沼町6-7-25(本部 みんなの家'77)TEL 042-343-2596 FAX 042-343-5785
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-19-8(新宿スタジオ)

tmva@kb3.so-net.ne.jpお問い合わせ