スタッフブログ

音楽療法を得意とする東京のボランティア協会2016年06月04日

ミュージックセラピーを実践している私たちの協会では、児童福祉法に従い、心身障害児に対する支援事業を進めています。心身障害児者だけではなく高齢者の方々にも音楽会への参加を促しています。

安心して取り組むことができる療育音楽
私たちは東京を拠点とし、音楽療法に取り組むボランティア協会を運営しています。活動内容は音楽療法であり、これは簡潔に表現すると、音楽を使った治療になります。ミュージックセラピーとも呼ばれており、心身に何かの問題がある方に、曲を歌ってもらったり楽器を演奏してもらったりすることで、心身の病気の改善に有効な方法になっています。療育音楽教室も開いており、これは音楽を楽しみながら心身の健康を目指すためのプログラムになっています。クラスの仲間と一緒に、リズム楽器やメロディー楽器などを演奏することが可能になっているため、音楽の魅力を存分に味わうことができます。療育音楽については、医師、理学療法士、作業療法士など、医療関係者や施設関係者の協力を得ることで、現在のプログラムが確立されています。そのため、心身に問題を抱えている方々でも、安心して取り組むことができる内容になっています。

療育音楽では、音楽技術の上手下手よりも、音楽を楽しむ点を重視しています。心身障害児者や高齢者の方々にとっては、音楽を楽しむことが精神的にも肉体的にも大事なリハビリテーションになるため、当協会では、その点に配慮しながら活動を進めたいと考えています。

公益財団法人
東京ミュージック・ボランティア協会

〒187-0001 東京都小平市大沼町6-7-25(本部 みんなの家'77)TEL 042-343-2596 FAX 042-343-5785
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-19-8(新宿スタジオ)

tmva@kb3.so-net.ne.jpお問い合わせ