スタッフブログ

心身障がいの人に人気の東京の音楽療法2016年06月08日

音楽を通して、気持ちや体をリラックスさせたり、脳を活性化させたりする効果が期待できる音楽療法は、心身障がいがある人のセラピーとして大変注目されており、人気が高まってきています。

音楽療法に期待できる効果
簡単な楽器を演奏したり、曲に合わせて体を動かしたりすることや好きな曲を聴いたり、歌ったりすることは、心身障がいがある人にとって、気持ちや体をリラックスさせ、脳を活性化させたりする効果があるので、明るく楽しい気持ちで過ごしたり、ストレスを発散したりする効果が期待できます。
また、最近では、東京を中心に心身障がいがある子供が音楽療法を受けるようになってきており、発達を促すことができたり、情緒を安定させたりすることができたりすることを期待できると大変人気があります。また、歌を歌うことで声を出したり、大きく呼吸をしたりすることに加え、発音の訓練になったり、楽器を演奏することで身体機能の維持や向上を図ることができ、リハビリテーション効果も期待できます。楽しく活動することが、趣味や生きがいにつながるという効果もあります。

心身障がい児や高齢者などにとって、ストレスを解消して、気持ちが安らぎ、明るく楽しい気持ちで生活することができたり、集団コミュニケーションをとることが、東京の音楽療法で推進されています。

公益財団法人
東京ミュージック・ボランティア協会

〒187-0001 東京都小平市大沼町6-7-25(本部 みんなの家'77)TEL 042-343-2596 FAX 042-343-5785
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-19-8(新宿スタジオ)

tmva@kb3.so-net.ne.jpお問い合わせ