スタッフブログ

放課後等デイサービスで行う東京の音楽療法2016年06月19日

障がいがある児童や生徒が、学校が終わった放課後などにデイサービスを受けることができる制度を利用して、音楽療法を受けることができる東京の療育では、表現力やコミュニケーションの力をのばすことが期待できます。

障がいがある児童や生徒のための音楽療法
知的障がいやダウン症、自閉症などや肢体不自由がある児童や生徒が、安心して楽しく音楽療法を受けることができる放課後等デイサービスでは、音楽活動を通して、表現力やコミュニケーションを育てることができたり、楽器を演奏することで体の機能を維持したりすることが期待できます。
また、大人向けの音楽療法と同じく、リラックス効果やリハビリ効果、脳の活性化などが期待できるため、セラピーとしての効果も期待できます。東京の音楽療法を子供が利用したい場合には、放課後等デイサービスを利用することがおすすめです。
放課後等デイサービスは、制度を使って放課後活動をすることができるため、費用の負担が比較的軽く、平日を有効利用することができます。共働きの人の場合には、親も子供も時間を有効に使うことができると利用が広がっています。

学校が終わった放課後を利用することができる放課後等デイサービスで、音楽活動をすることにより、人と楽しく過ごすことができる子供に育ち、趣味も広がると人気があります。

公益財団法人
東京ミュージック・ボランティア協会

〒187-0001 東京都小平市大沼町6-7-25(本部 みんなの家'77)TEL 042-343-2596 FAX 042-343-5785
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-19-8(新宿スタジオ)

tmva@kb3.so-net.ne.jpお問い合わせ