スタッフブログ

東京の団体。音楽療法プログラムの内容2016年06月23日

高齢者施設や障がい者施設の利用者さん達が皆一緒に歌っている光景を見たことがありますか。それは、単なる音楽レクリエーションとしての活動かもしれないし、セラピストによる音楽療法かもしれません。音楽レクリエーションと音楽療法は、どのような違いがあるのか見てみましょう。

医学的根拠に基づく音楽療法プログラム
音楽レクリエーションは、”音楽をとにかく楽しみましょう”という目的の下で行われております。
一方、音楽療法とは、確固たる医学的根拠に基づき、心身の状態を維持・回復させるという目的のために、知識があるセラピストが音楽プログラムを組み、それに沿い行われる治療的要素を持った活動です。
具体的に言いますと、例えば歌うことによる肺活量の増加・呼吸の安定を効果を目的としたり、楽器を演奏することによる指先の微細運動、脳の活性化を目的としたり、またグループで活動することにより集団としての楽しみ・喜びを感じるという目的など、様々な目標設定をする事ができます。
高齢者・障がい者によって使用する曲、内容も全く違ってきますので、セラピストには幅広い知識と、熟練されたリーダーシップが必要とされてきます。

東京にある当団体では、療育音楽ボランティア育成講座を開き、そしてその後、専門講座も用意していますので、しっかりとした理論に基づくレベルの高いセラピスト要請の場となっています。

公益財団法人
東京ミュージック・ボランティア協会

〒187-0001 東京都小平市大沼町6-7-25(本部 みんなの家'77)TEL 042-343-2596 FAX 042-343-5785
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-19-8(新宿スタジオ)

tmva@kb3.so-net.ne.jpお問い合わせ