スタッフブログ

東京で音楽療法を受けるには2016年07月05日

音楽を聴き、演奏し、歌を歌うことは心にも体にも良い効果をもたらす作業療法として期待できます。病気やけがを負った方のリハビリや、高齢者の認知症防止や進行防止に効果があるトレーニングとしても注目されています。

音楽療法で肉体のリハビリと精神のケアを
音楽療法ではみんなで楽しく合唱したりすることで仲間との一体感を得ることができ精神面に良い影響を与えます。また、認知症の方などに懐かしい音楽を聴いてもらうと昔の記憶がよみがえったりすることもあります。気の合う仲間とのコミュニケーションは日々の生活に活力を与え、精神面で充実感を得ることができます。肉体的にも、楽器を演奏することで肺や手足の鍛錬になります。
音楽療法により音楽を通じて楽しく体を動かし、好きな音楽を聴いたり歌ったりすることで心が弾んだり仲間と思い出を共有したりといった幸福感を味わいながらのリハビリが期待できます。
自宅でテレビから流れる音楽で行えば良いのではないかと考えますが、効果は大きいとは言えません。専門家のケアを受けながらみんなで行う必要があります。

東京で音楽療法が受けられる施設は東京ミュージック・ボランティア協会です。有資格者の補助はもちろん、楽しいプログラムで身体のリハビリや精神面での安定を応援致します。

公益財団法人
東京ミュージック・ボランティア協会

〒187-0001 東京都小平市大沼町6-7-25(本部 みんなの家'77)TEL 042-343-2596 FAX 042-343-5785
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-19-8(新宿スタジオ)

tmva@kb3.so-net.ne.jpお問い合わせ