スタッフブログ

東京で音楽療法を受けられる施設2016年07月06日

人間は有史以前から音楽に親しんできました。娯楽の場だけでなく、祭祀や祝い事、儀式といった正式な場でも使われてきました。しかし近年になって、新しい分野で音楽が利用されるようになりました。それが音楽療法です。

音楽で心と身体を健康に
静かな音楽を聴くと心が落ち着き、逆にテンポの速い音楽を聴くと心が湧きたつように、音楽が心に与える影響は大きなものです。また、楽器を演奏するには周囲の人と息を合わせることが必要になるため、協調性を育む訓練にもなります。
このような、音楽が心理や行動に与える効果は以前から知られていたものの、心身障がい者の療法として本格的に利用されるようになったのは最近のことです。
東京ミュージック・ボランティア協会では、音楽プログラムを通じて心身障がい者の精神的ストレスを解消すると同時に、発声練習や楽器練習を通じて身体機能のリハビリを行います。このプログラムには医師、理学療法士、作業療法士など医療関係者も関わり、医学面でのサポートも整っています。また、音楽療法を提供できる療育音楽指導者を育成することにも力を注いでいます。

東京ミュージック・ボランティア協会の音楽教室では、レッスンのほかに演奏会や定期イベントなどを行い、クラスメイトだけでなく外部の人たちとの交流も図っています。レッスン見学も可能です。音楽療法に興味のある方はチェックしてみてください。

公益財団法人
東京ミュージック・ボランティア協会

〒187-0001 東京都小平市大沼町6-7-25(本部 みんなの家'77)TEL 042-343-2596 FAX 042-343-5785
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-19-8(新宿スタジオ)

tmva@kb3.so-net.ne.jpお問い合わせ