スタッフブログ

音楽療法に参加する場を東京で広く提供2016年07月07日

ストレスを抱えたままでいると、鬱など重い精神的な病気を抱えてしまう人がいることをご存知でしょうか。うまくストレスを発散するのに役立つのが音楽療法で、東京で様々な活動が行われています。

笑顔とコミュニケーション作りにつながる
音楽療法は、これまで日本では国家資格としてではなく、民間資格として音楽療法士を取得した人が中心となって、高齢者や心身障害児者に対して音楽による癒しの場を提供してきました。
音楽療法の中でも、能動的でグループ主体の音楽プログラムを取り入れていて、みんなで歌を歌うことはもちろん、楽器を演奏したり、体を動かしてリズムトレーニングを行ったりしています。ストレスの解消につながるだけでなく、体の不自由な人が動かす楽しさや喜びを感じるきっかけになり、前向きで生きる力を育み、笑顔になれます。グループで行うと自然とコミュニケーションをとることもできて、心と体のリフレッシュとリハビリが可能です。
プログラムの指導や導入のスダンに応じるだけでなく、療育音楽教室を開いたり、研修会やコンサートなども東京で開催しています。

心理療法として注目されている療育音楽を受けてリフレッシュしたり、音楽療法の研修を受けて基礎を学び、今困っている人たちのサポートをする基礎的な知識を身につけるなど様々な参加方法があります。

公益財団法人
東京ミュージック・ボランティア協会

〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-19-8(本部)TEL 042-343-2596 FAX 042-343-5785
〒187-0001 東京都小平市大沼町6-7-25(みんなの家’77)

tmva@kb3.so-net.ne.jpお問い合わせ