お知らせ&ブログ

蛇の目傘2021年06月30日

あめあめ ふれふれ かあさんが~♪ そう「あめふり」ですね。

この時期の沈んだ気分を吹き飛ばすような歌です。音楽療法の場でもよく使われています。

 

♪あめあめ ふれふれかあさんが じゃのめで おむかい うれしいな

ピッチピッチ チャップチャップ ランランラン♪

 

ところでこの歌詞の中の『かあさんのじゃのめ』…。「蛇(じゃ)の目=カサ」のことですが蛇の目傘ってどんなカサでしょう?「蛇の目傘」とは「番傘」より細身で軽く、綺麗な装飾が施された和傘のことで、江戸時代から広く用いられていました。元々は開いたときにカサの白い輪の模様が「蛇(へび)の目」に似ていることから、このように呼ばれるようになったのだそうです。ちなみに「番傘」は骨が太く男性的、「蛇の目傘」は骨が細く女性的な特徴があるという事です。もっとも2021年の今、目にしなくなったものの一つです。

 

 

公益財団法人
東京ミュージック・ボランティア協会

〒187-0001 東京都小平市大沼町6-7-25(みんなの家’77) TEL 042-343-2596 FAX 042-343-5785
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-19-8(新宿スタジオ)

tmva@kb3.so-net.ne.jpお問い合わせ