スタッフブログ

東京で行われる音楽療法士の大会がある2016年06月11日

音楽療法とは、歌ったり演奏したりすることで精神状態の安定を図り、心身機能の維持回復を目的として行われる健康法です。様々な場面で用いられ、医療やリハビリテーションの効果を高めると言われています。

療法士の必要性と人材確保
音楽療法を行うには、音楽療法士の資格を取る必要があります。日本音楽療法学会が指定している民間資格です。必修講習会や関連した研修会があり、参加して知識を深めることができます。また療法士の大会があり、研究発表や交流会が行われています。関東では地方大会で東京予選が行われることが多く、音楽療法の価値や在り方を意見交換しています。東京は主要都市として、人口に合わせニーズが高まることも予想されるので、療法士の人材育成が必須です。医療機関や老人ホーム、障害者施設で人々の笑顔を引き出し、力に変えて行くことも出来る療法士は身近に必要な人材と言えます。人と向き合う職業なので心理の勉強も欠かすことはできず、音楽ができればいいというわけではありません。音楽と、人を喜ばせることが好きな人に向いている職業です。

様々な職業がありますが、医療に直接役立つことができる療法士は非常に必要な人材です。身近に寄り添い病気や障害と一緒に向き合っていく姿勢は、私たちを笑顔にしてくれます。

公益財団法人
東京ミュージック・ボランティア協会

〒187-0001 東京都小平市大沼町6-7-25(本部 みんなの家'77)TEL 042-343-2596 FAX 042-343-5785
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-19-8(新宿スタジオ)

tmva@kb3.so-net.ne.jpお問い合わせ