お知らせ&ブログ

歌と嚥下障害の予防2018年04月23日

声を出して歌うことと発声は、嚥下障害の予防対策にとても効果があります。近年嚥下障害予防として「パタカラ体操」を行っている施設が増えています。「パタカラ体操」とは、食事の際に食べ物をうまくのどの奥まで運ぶための動作に必要な口の動きを鍛える体操です。 『パ』『タ』『カ』『ラ』の発音の仕方によって食べるときに働く筋肉を鍛えることができます。この『パ』『タ』『カ』『ラ』が歌詞の中に出てくる歌を歌うことは嚥下障害予防につながりますね。

「兎のダンス」、「森の水車」、「ドンパン節」などたくさんあると思います。楽しみながら探してみませんか。

 

公益財団法人
東京ミュージック・ボランティア協会

〒187-0001 東京都小平市大沼町6-7-25(本部 みんなの家'77)TEL 042-343-2596 FAX 042-343-5785
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-19-8(新宿スタジオ)

tmva@kb3.so-net.ne.jpお問い合わせ