スタッフブログ

みんなの家’77の楽器たち その②2015年12月24日

今日は“カホン”と言う楽器を紹介したいと思います。

 

まずはこちら

 

IMG_8653-2

 

一見すると何かの箱のようですね、その見た目のまんま“カホン”という言葉は

スペイン語で箱を意味するそうです。

 

後ろから見ると

 

IMG_8655

 

アコースティックギターのような穴が開いています。中は空洞です。

 

さらに覗いてみると、

 

IMG_8657

 

銀色の細い線がたくさん付いています。これを響き線といいます。

響き線のかわりにスズなどが付いている“カホン”もあるようです。

 

では、どのように演奏するのでしょうか。

 

この楽器、奏法としてはとても珍しく、楽器の上に座って演奏します。

おしりで楽器を支え、かがみ込むような姿勢で、穴の開いていない面の中央や端っこを

素手で叩いて演奏します。

 

どんな音がするのでしょう。

 

真ん中を叩くと、ドンと低い迫力のある音

 

上側端っこを叩くとスタンという小太鼓のような弾ける音

 

大まかに言うとこの2種類の音を組み合わせて演奏します。

ドンとなるのは、楽器の中が空洞だからですね、

スタンと響くのは楽器の中に響き線が隠れているからです。

 

見かけからは想像もできない、迫力のある音を鳴らせます。

プロの奏者はこの箱から何十通りもの音色を奏でます。

 

楽器屋さんなどで見かけたら、是非座って、鳴らしてみてください。

きっと、音の迫力に驚くと思います。

 

 

 

 

 

 

公益財団法人
東京ミュージック・ボランティア協会

〒187-0001 東京都小平市大沼町6-7-25(本部 みんなの家'77)TEL 042-343-2596 FAX 042-343-5785
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-19-8(新宿スタジオ)

tmva@kb3.so-net.ne.jpお問い合わせ